分福茶釜の独り言

分福茶釜の日々を書きとめた日記

置き去りの男児 無事に保護

やまと君、北海道七飯町東大沼の山林で行方不明になってから、七日目の保護。

外傷もなく、自分の名前をしっかり言える状態だったという。

自衛隊演習場内にいたという。

私はビックリした。

山中をどこをどのように歩いたのか。

食料や水分は?夜は?真っ暗闇のなか、どんな思いをしていたのぉ。

誰しもが安堵の表情を浮かべている。

無事でよかった。本当によかった。

もしも姉が置き去りにされたなら、絶対にその場から動かないだろう。

もしも兄が置き去りにされたなら、すぐに動きまわるだろう。

私は、どうだろか。。。